七夕結婚式

7月7日、あぶらむの里で結婚式と披露宴が行われました。この1カ月、結婚式の準備一色だったあぶらむ、会場準備からお料理に至るまで、すべて手作りの素敵な式と宴となりました。

梅雨のこの季節、一番の心配は雨でしたが、天候にも恵まれました。木漏れ日を受け、木々をゆらす風を感じながら、森の中で結婚式が行われました。

画像


披露宴は、築約300年の諸魂庵で。

画像


里のぜんまいや近くの山で採れた姫竹の煮物、荘川の蕎麦、朴葉ずし、ますのすし、みたらし団子、串焼き、手作りのもち米で炊いたお赤飯、ウェディングケーキ・・・すべてを挙げることはできませんが、どの料理にも、いろいろな方の祝福の思いが込められていました。

画像


新郎新婦のお二人とそのまわりの方々の笑顔と涙、お手伝い側の私たちにも幸せな気持ちが伝わってきて、本当に嬉しくなりました。ありがとうございました。どうぞお二人力を合わせて、仲良く歩んでいってください!

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック